ろじぇのにっき

積みゲー消化録・ドラゴンクエストビルダーズ 竜王轢き逃げ編

ついにこの時がやってきました。今回はエンディングまで突っ走ります。

 

↓前回↓

 

 やみのせんしが待っていたセカイノハンブンで入手した魔力の結晶を虹のしずくへとクラフトすることで、竜王の城がある島まで飛ぶことができるようです。準備を整えていざ出撃。

 

f:id:roje_abs:20210510190716j:plain

到着。歓迎ムードですが、だったら迎えの一つでもよこしてほしいもんです。何はともあれ城を目指して全速前進。

 

f:id:roje_abs:20210510190731j:plain

毒沼に囲まれた竜王の城が見えてきました。なかなか豪勢な城にお住まいですね。

しかし、周囲が毒沼になってる家ってかなり不便じゃないでしょうか。コンビニにも気軽に行けないし宅配の人もたどり着けません。仮にアレフガルドがコロナ禍だったら竜王の生活は非常に苦しくなるということは想像に難くありませんね。

 

f:id:roje_abs:20210510190756j:plain

城に侵入。しにがみのきしやだいまどうといった精鋭達が城の中を警備しています。

正面から戦うのは得策じゃないので、まほうの大砲や火を吹く石像といったアイテムで巧みに始末して奥へと進みます。これがビルダー流の戦いです、卑怯だの姑息だのという言葉なんか痛くも痒くもありません。

ちなみに、だいまどうがたまに放物線上に爆炎弾を放つ呪文(多分ベギラマ)を使ってきますが、その軌道上で天井にぶつかってしまうためこちらには届きません。もうちょっと天井高く作ってあげなさいよ竜王様。

 

f:id:roje_abs:20210510190822j:plain

というわけで、竜王の待つ部屋までやってきました。相変わらずの偉そうな姿です。

 

f:id:roje_abs:20210510190840j:plain

いざラストバトル開幕。竜王は自身を魔法の壁で守護し、使い魔にこちらを襲わせます。使い魔の物量も去ることながら、竜王自身も追尾性能に優れた呪文で攻撃してくるので非常に厄介。何にしても使い魔を排除しなくてはなりません。

 

f:id:roje_abs:20210510190858j:plain

そこで、超げきとつマシンで轢き逃げ作戦を決行します。

使い魔を蹴散らしながら竜王の波状攻撃を捌き切るには機動力と火力の双方を両立しなくてはいけませんが、超げきとつマシンならそれが可能です。飾りのように置いてあった柱と石像を事前に撤去しておけば室内でも爆走できます。

 

f:id:roje_abs:20210510190913j:plain

使い魔を全滅させると魔法の壁が消えるので、そこに攻撃を叩き込みます。

せっかくだしビルダーっぽく戦おうということで、周囲に火を吹く石像を設置して一緒に攻撃。そりゃこんなことになるんだったら竜王様も物作りの力奪いますわ。

 

f:id:roje_abs:20210510190927j:plain

難なく撃破。すると、第二形態に移行する素振りを見せますがここで異変が。なんと、竜王がかつての勇者に対して吹っかけた問いをこちらにもしてきました。様式美なのそれ?

しかし、こちらに与えてくれるのは世界の半分である闇の世界ではなく、ビルダーとして自由に物作りができる世界とのことなんですが……いや、知られざる島っていうモードがあるんですけど……。

 

f:id:roje_abs:20210510190939j:plain

どう見ても罠な問いですが、選択肢が現れました。いいえを答えれば戦闘開始なのは明らかなんですが、むしろここではいと答えたらどうなるか気になります。

さっきの戦いがそこまで苦戦を強いられなかったので仮にゲームオーバーなりでやり直しをくらったとしても痛手じゃありません。ちょっと問いに乗ってみましょうか。

 

すると……

 

 

 

 

 

 

f:id:roje_abs:20210510191042j:plain

特にこれといった演出もなくゲームオーバーになりました。

 

選んだらどうなるんだろうみたいな興味本位で選んでも面白味がないですね。そういうところですよ竜王様。

 

 

 

f:id:roje_abs:20210510191101j:plain

さくっと再戦して竜王の問いを拒否。すると、どこからともなくルビスの声が聞こえてきました。竜王今更どうしてと言ってますが、こればっかりは私も竜王様と同意見です。あなた前回もう好きにしろって言ってましたよね?

ルビス曰く、真の力を解放した竜王には単独では勝てないが複数人で立ち向かえば勝てるかもしれないとのこと。言ってる意味がよく分かりませんが、さっきの戦いが楽勝だった以上は真の力とやらも大したことないんじゃないでしょうか。まほうの大砲と火を吹く石像で囲めばry

 

f:id:roje_abs:20210510191118j:plain

さあ、竜王が真の姿に変わりました。やっぱ竜王といえばこれですよ。

 

f:id:roje_abs:20210510191130j:plain

いざ戦闘。……と言いたいところなんですがハプニングです。竜王の力により、装備してる武具以外のアイテムが失われました。大倉庫も使えません。真の力というのは決して出任せではないようです。

 

f:id:roje_abs:20210510191149j:plain

こんなでかいのと丸腰でどうやって戦うんだと思っていたら、ルビスの力によりこれまで出会った仲間達が現れてアイテムを手渡してくれました。最初に現れたのはロロンドで、渡してきたのはメルキドシールド。これで竜王の噛み付きを弾き返して怯んだ隙に剣で攻撃するといった具合です。

 

f:id:roje_abs:20210510191447j:plain

また、遠距離にいる間はアメルダが渡してくれるまほうの大砲をぶちかまします。こういった感じで、仲間の助力を得て攻撃していくのが主な流れです。

 

f:id:roje_abs:20210510191516j:plain

これら以外にも、竜王のブレスを避けるために石垣をくれたり回復アイテムをくれたりと、いろんな方面で仲間達が助けてくれます。なんだか胸熱ですね。

 

ちなみに、戦闘中に助けに来てくれた仲間とアイテムの内訳ですが、

  • ピリン(モモガキの実&うさまめバーガー)
  • ロロンド(メルキドシールド)
  • ロッシ(トゲわな)
  • ゆきのへ(石垣)
  • エル(海鮮鍋)
  • ゲンローワ(せかいじゅの薬)
  • タルバ(やくそう)
  • アメルダ(まほうの大砲)
  • ラライ(超げきとつマシン)

確認できたのはこの辺です。それぞれの章でキーとなったキャラが揃い踏みしてる感じですね。もしかしたら条件次第で他にも出てくるのでしょうか。

 

f:id:roje_abs:20210510191647j:plain

 仲間の力を借りて、無事に竜王を撃破。アヘってますね

 

f:id:roje_abs:20210510191739j:plain

竜王を倒したことで、アレフガルド全土に光が戻りました。これで世界に平和が戻ったのです。

 

f:id:roje_abs:20210510191753j:plain

しかし、ルビスが言っていたように主人公の身体は既に限界を迎えており、間も無く消滅してしまうとのこと。

せめて最後に仲間と喋りたいという一心で、ラダトームに帰還します。

 

f:id:roje_abs:20210510191921j:plain

仲間達が祝福の言葉を投げかけてくる中で、エルがちょっと興味深いことを言っていました。それは、かつての勇者がなぜ竜王の誘いに乗ってしまったのかという謎についての考察です。

勇者は生まれながらにして竜王を倒す使命を負わされて自分の生き方やその他諸々について選択をすることがなく、そんな中で初めて選択する権利が生じたあの場面に直面したら『ここではいと答えたらどうなるんだろう』という好奇心が芽生えてしまうのではないか、とエルは語ります。

 

確かに、ついさっき私も竜王の誘いに乗ったのはそれとだいたい同じ理由なので、エルの考察はある意味正解かもしれません。それに、DQⅠを遊んだことがあるならあの場面でそういう感情が芽生えてはいと答えてみたという経験がある人も大勢いることでしょうし、メタ的な観点でもエルの考察は的を得てる気がします。

じゃあ、セカイノハンブンにいたやみのせんしはそういうプレイヤーの成れの果てってことか……。

 

f:id:roje_abs:20210510191948j:plain

その後はスタッフロールと諸々のエピローグが挟まり、終わり。これにてDQBはクリアです。

 

f:id:roje_abs:20210510192001j:plain

さて、余韻に浸る暇もなくリザルトです。日数は最初から諦めてるし、キャンプレベルも限界まで上げてるので問題なし、緑の思い出はイベントの流れが単調だったため詳細は記事で言及してきませんでしたが、あからさまにチャレンジ項目っぽさがあったので片手間にこなしておきました。

 

問題は残り二つ。はかいのつるぎなんて影も形も見当たらなかったんですが、どこにあったんでしょうか。目に入った洞窟や建造物はがっつり調べ尽くしてるはずなんですが……。

伝説の防具なしで竜王撃破は暇なときにやってみてもいいかもしれません。ただ、そうなると鋼系の防具で挑むことになります。防具と書いてあるということは武器はおうじゃのけん振り回してオッケーということだと思うので、書いてある以上に簡単なのかもしれませんが。

 

 

そんな感じで楽しかったDQBですが、ブルリフのときみたいに感想語るだけの記事書くのはやめておきます。あっちと違って目立った粗みたいなのが良い意味で少なすぎるので……。

代わりに、未回収のままのチャレンジを達成していく記事くらいは書こうと思ってます。

 

ではでは。