ろじぇのにっき

積みゲー消化録・ドラゴンクエストビルダーズ アンドレアス・リーガン編

f:id:roje_abs:20210502222449j:plain

 

すこぶるどうでもいいですが、ノリンの病が完治したことを言及するのを忘れてました。

 

↓前回↓ 

 

 

f:id:roje_abs:20210502222536j:plain

 

調合室を作ったところで、やることが増えました。

まずは、新たな患者を収容すること。ノリンが完治したことでベッドが空いたので、エルの情報を頼りに助けに向かいましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502222550j:plain

 

そしてもう一つ、薬の研究のために巨大なドロルを倒して毒の病原体を手に入れてほしいとゲンローワから頼まれました。

二人の依頼を片付けると共に、周囲の散策も並行して行います。とはいえ、大倉庫が無い以上持ち物に限界があるのでその辺を留意しつつ、といった感じ。

 

f:id:roje_abs:20210502222605j:plain

 

丘を歩いてると、怪しげな砦を発見しました。

毒沼周辺があのザマだったので、こういう感じで建物の形が綺麗に残ってるのは珍しいですね。

 

f:id:roje_abs:20210502222621j:plain

 

進入。石碑にタルバという人物が遺したとされる謎解きが用意されていました。

その謎の内容とは、部屋を双子たらしめよというもの。左側の充実した内装の部屋を参考に、右側の部屋を全く同じ内装に仕立て上げればいいってことですね。側に都合よく作業台もあるので、やってみましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502222636j:plain

 

すると、宝箱が開封されました。片方からは武器となるいしのおのが。

もう一方の宝箱からはホワイトブロックというよく分かんないものが出てきました。入手してもこれといった新アイテムの製法が解放されたりもしなかったのですが、使う機会が後々来るのでしょうか。とりあえずは謎解きの勲章的な感じで保管しときます。

 

f:id:roje_abs:20210502222806j:plain

 

砦を出て周囲を見渡すと、毒沼のど真ん中にポツンと位置する小島が。方角的に、ゲンローワが言っていた巨大ドロルの生息地だと思われます。行ってみましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502222821j:plain

 

予想通り出てきました。巨大と言ってたのである程度予想はしてましたがマジでデカいです。説明不要!

とはいえ、行動パターンは毒弾が3wayになったくらいで火力も大したことないので、さっき入手したばかりのいしのおのでミンチにしましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502222847j:plain

 

病原体も回収したので、帰る前にエルから聞いた患者を回収しましょう。ケーシーという女性が毒の病に倒れていました。ノリン同様、片手でヒョイっと持ち上げて拠点の病室に拉致。

 

f:id:roje_abs:20210502222913j:plain

 

拠点に到着。ケーシーをベッドに寝かせると、なんとも厚かましいことにえだまめを要求してきました。えだまめ食って病気治るんだったら苦労しないんですが。

 

f:id:roje_abs:20210502222942j:plain

 

ケーシーにえだまめをボリボリ食わせて完治させたら、拠点に魔物が襲来。なんと、リムルダールを恐怖に陥れている元凶ヘルコンドルがやってきて、魔物を放ってきました。

 

f:id:roje_abs:20210502222958j:plain

 

とりあえず撃退しましょう。以前から魔物がちょいちょいと拠点に姿を現すことがあったので知ってましたが、エルも積極的に魔物に立ち向かうんですよね。遠距離攻撃をしてるようなんですが、真空波でも放ってるんでしょうか。普通に考えたら投石とか投げナイフの類だと思うけど‥…

ちなみに、魔物との戦いにはゲンローワに加えて病み上がりのはずのケーシーまで参戦してくれるので、今のところ非戦闘員はノリンだけです。無能。

 

f:id:roje_abs:20210502223040j:plain

 

無事に魔物を倒すと、どこからか二人の病人がやってきました。重い身体を引きずってどうにかここにたどり着いたようなので、病室に寝かせます。何やらノリンやケーシーとは比較にならないほど重い病気を患っているようで、ゲンローワも新たな治療法の確立が急務だと仰っています。先ほど倒した魔物から旅の扉を奪取したので、その先を散策していきましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502223104j:plain

 

さて、旅の扉を設置したことにより仲間達からいろんなことを依頼されます。

エルからはいつも通り、新たな患者の捜索。ゲンローワからは麻痺の病の治療法確立のための病原体採取。ケーシーからは水飲み場を作ってほしいと依頼されました。

ふんふんなるほどみんな有用そうなことにつながりそうな依頼してくるねーと思ってたんですが……

 

f:id:roje_abs:20210502223220j:plain

 

何言ってんだテメェ

 

真面目に解説すると、気分転換のためにリリパットの里に住む釣り名人から釣竿の作り方を習ってきてほしいという依頼。

事の経緯はアレですが、釣竿が手に入る=魚が釣れるというわけで、こうなれば前回懸念していた食糧難が解消されそうではあります。せめてそういう建前で依頼してくりゃ印象も違ったのに……

 

f:id:roje_abs:20210502223250j:plain

 

まぁ、どの依頼を片付けようにも旅の扉の先がどうなってるか把握しておく必要があるのでさっさと出発。

扉の先は、ヤシの木が並び立つ南国風の島でした。毒沼だらけだった拠点周辺と比較してかなり穏やかに見えますが……

 

f:id:roje_abs:20210502223304j:plain

 

所々に、触れると身体が麻痺してしまう花が生い茂っています。穏やかそうな景色に反して自然は全く穏やかじゃありません。

 

f:id:roje_abs:20210502223324j:plain

 

ただし、大きな収穫が。辺りを徘徊してるリカントが毛皮をドロップしました。ヤシの木から木材も作り出せるので、これで大倉庫が作れます。やったぜ。

 

f:id:roje_abs:20210502223337j:plain

 

大倉庫も作り、順風満帆といったところで岩山の狭間に謎の洋館を発見しました。ホラーの匂いがします。私はホラーは苦手です。ホラーゲームの限界はルイージマンションです。

 

f:id:roje_abs:20210502223403j:plain

 

洋館の中は廃れているものの、ゲーム的な都合で家具などは綺麗なまま残ってるのでありがたく頂戴しておきます。中にはステーキプレートのような食べ物系の装飾もあったんですが、こんなところにあった肉料理なんてダークマターとかのレベルを超越してる気がするんですが……

 

f:id:roje_abs:20210502223451j:plain

 

隣のやぐらみたいなところに、宝箱が。そこには洋館の屋根職人の遺書が残されていました。彼は屋根の修理を出来なかったことが心残りだったようで、意志を継いでくれる人が現れることを信じて必要な屋根材を残していました。確かに、脇を見てみると屋根が所々欠けてるので、これを埋めるように屋根材を配置しましょう。

 

f:id:roje_abs:20210502223513j:plain

 

修理を終えると、隣にあった宝箱が開封。中には屋敷にも使われてる屋根材のレシピが入ってました。これでおしゃれな屋根の家が作れますね。メルキド編で欲しかったよこれ

 

木材の供給が可能となり屋根まで作れるようになったので、ここらで拠点の病室をどうにかしてもいいのかなと思い始めてます。がっつり拠点の整備をしようと思うと結構な手間なのですが、そういう作業をチマチマやってる時間がこのゲームでは一番楽しかったり。罪作りなゲームですね。

 

というわけで、次回に続く。