ろじぇのにっき

ろじぇのにっき

言いたいことを文章にしないと気が済まない病を患いし悲しき生命体の記録

【バンドリ】NeoFantasyOnline -古竜と花嫁-を読んだ感想【ガルパ】

今回のガチャに星4紗夜さんが出る夢を見たけど、蓋を開けたら星4どころか報酬星2だった件。

まぁ、推しキャラが手軽に手に入るっていうのはこの上なく喜ばしいことなんですが、私は最近ガルパのガチャに対する欲は紗夜さんがピックアップされてない限り引く気が起きないくらいのレベルに落ち込んでるので、このままのペースだと二回天井できるくらいには石が溜まります。七夕以外のハッピータイプの星4紗夜さんが欲しいんです。


f:id:roje_abs:20200531192340j:image

 

本題。本日から、NeoFantasyOnline -古竜と花嫁-が開催されました。

このイベントは2018年1月に開催されていたNeoFantasyOnline -旅立ち-の続編であり、明確に続き物であることが分かる数少ないシナリオです。他に明確な続き物として描かれてるのはバンドストーリー2章とかノーブルローズくらいです。

 

Roseliaの当面の目標はノーブルローズで一通り終了しており、ここから先のイベントシナリオがどうなるのかっていうのは少し興味があったのでキリが良いということで今回のイベントのシナリオの感想記事を書いてみることにしました。

 

Roseliaのイベントシナリオといえば

 

roje-abs.hateblo.jp

 

以前こんな記事を書きましたけど、こちらは友希那さんをマンセーするだけで面白くなかったシナリオだったというのが感想でした。あの後リゼロ本編をちょっとだけ観ましたけどこちらのイベントシナリオの感想が変わったということも特別ありませんでした。

 

しかし今回は、当時面白いと感じることのできたイベントシナリオの正当な続編というわけなので、期待がかかります。仮にこちらが面白くなかった場合、前作に対する感想も違うものになる可能性があります。

そんな感じでハードルを上げてしまってますが、早速始めます。ちなみに今回はテーマ曲であるBlessing Chordにも少し触れています。


f:id:roje_abs:20200531183251j:image

 

冒頭。NFOで幻のイベントが行われてるということなのですがメンバーを五人集めなくちゃいけないんだとか。そこで、久々にRoseliaの面々でネットカフェに集まってNFOをやろうということになりました。


f:id:roje_abs:20200531183307j:image

 

その話題に乗ってるときの紗夜さん、喋り方からして既にウキウキモードなのでもはやNFOが趣味であることを隠す気はまったく無いようです。早くプロフィールの趣味の項目に追記しろ。


f:id:roje_abs:20200531183323j:image

 

友希那さんも、昔だったら『オンラインゲームぅ?認められないわぁ』みたいな感じであしらってきてるような状況ですが微笑んで受け入れてくれてます。この辺は音楽に縛られる必要がなくなったことで寛容になってきてる証ですね。


f:id:roje_abs:20200531183345j:image

 

そんな感じで、久々にRoseliaの面々はNFOにやってきたのです。

友希那さんも今回はさすがにキーボードでチャットできるようになってました。nihongogasyabereta!!


f:id:roje_abs:20200531183432j:image

 

今回のイベントクエストは城にいる王様から受注するらしいです。

相変わらず炸裂してる燐子の顔文字無双を尻目に、城へレッツゴー。

 

王様曰く、娘であるクレア姫が隣国に嫁ぐことになったけど良くない噂が立ってるから調べてこいとのことらしいです。

姫に対するよからぬ噂なんて、R-18指定のヤバい話にしかならなそうですけど大丈夫でしょうか。まぁ、ガルパは健全なゲームなんでそういうアレは多分ありません。


f:id:roje_abs:20200531183501j:image

 

そんな感じで村に出て聞き込み。しかし、それっぽい情報はなかなか掴めません。村人達はもれなくクレア姫の結婚を喜んでいるらしいです。誰かが結婚しただけでロスだなんだと猿のように騒ぎ立てる現実世界とはえらい違いです。


f:id:roje_abs:20200531183522j:image

 

村のバー2階にいるババアに話を聞く一行。どうやらこのババアは占い師らしくて、こちらがクレア姫について嗅ぎ回ってることを知っていました。所詮はゲームのフラグ管理能力なんですが、気にしたら負けです。


f:id:roje_abs:20200531183549j:image

 

占い師が教えてくれたのは、ドラゴンがクレア姫を攫おうとしているという物騒な話でした。

それだけならいいんですがこの占い師、前後の会話からして占い師のくせに夢で見ただけことを占いの結果として一行に告げたということらしいです。NFO世界での占い師のレベルを疑いたくなるわこんなの。


f:id:roje_abs:20200531183607j:image

 

大変だ酷すぎると騒ぎ立てるリサがいる一方、紗夜さんはご覧の通り冷静な様子。ゲームをゲームとして見れてなかった前回とはまるで違います。


f:id:roje_abs:20200531192413j:image

 

王様もこれにはカンカンのご様子。当のドラゴンはめっちゃ遠くに住んでるらしいので、誰かを姫に変装させてドラゴンを誘き出してそこを迎撃するという作戦を取ることに。

待ち伏せして迎撃するなら姫に変装しないで普通に迎撃すりゃいいだろと思いましたが、これはゲームの話。そんなリアリティなんて必要ないのです。


f:id:roje_abs:20200531183645j:image

 

ほら、天下の氷川紗夜もこう仰っています。


f:id:roje_abs:20200531183733j:image

 

しかし、ここで事件発生。結婚式で姫が身に付ける必要がある祝福のティアラが盗賊に奪われたとのことです。ちゃんと金庫に入れてしまっとけハゲ。

一見すると大事件なんですが、ティアラの有無で姫かどうか判別してるアホなドラゴン欺くためだったらとりあえず先に結婚式挙げてその後ドラゴン倒しに行った方が姫の命の安全考えたら正しいんじゃ……

 

f:id:roje_abs:20200531183645j:plain

 

あ、そうっすね……すいませんでした…。

 

 

ということで、ティアラを取り返すために一行は盗賊のアジトである鉱山に向かうことになるのですが、紗夜さんがレベリングの提案をしてきました。確かに、友希那さんとリサはまだ低レベルのはずなので、レベル上げをしておかないと盗賊達にこてんぱんにやられてしまいます。盗賊にヤられる姿も見てみたくはありますが。


f:id:roje_abs:20200531183826j:image

 

そのレベリングの方法ですが、紗夜さん曰く適性レベルのミッションを消化していくのが一番の近道とのこと。きさまこのゲームやり込んでいるなッ!

 

一つ疑問なのは、今回のイベントは燐子曰くオープン直後に実装されるはずだったイベントということらしいのですが、だったらレベルデザインとして新規ユーザーでもレベリングなしでも最低限クリアまでは進行できる設定じゃないと理不尽なんじゃないでしょうか。仮にNFOが実在するネトゲだったとしたら『NFOさん、オープン直後に廃人専用イベントを開催してしまうwwwwww』みたいな感じでまとめサイトで晒されそうな気がするんですが……

 

 

 

 

f:id:roje_abs:20200531183645j:plain

 

はい、すいませんでした。

 

 


f:id:roje_abs:20200531183943j:image

 

レベリングのため、鉱山にてあこちゃんが友希那さんとリサに戦闘技術を叩き込みます。しかし、ゲーム初心者なリサは悪戦苦闘します。

まぁ、あまりゲームに触れてこなかった人がいきなり連携だとか敵の動きを観察だとか言われても最初は頭が追い付かないので仕方ないですよね。モンハンとかPUBGとかで初心者相手に先生ぶってイキってる人は今すぐ見直してください。


f:id:roje_abs:20200531184005j:image

 

友希那さんは連携がどうとか以前に基本操作がなってないようです。仮にニコ生配信中だったら『説明書読めks』っていうクソコメが流れてきそうな展開です。

 

しばらくすると燐子が、鉱山でレベリングしてるんだからついでにティアラ取り返しちゃいましょうと提案。

なんだか本末転倒な気がしますが、レベリングの過程で取り返せたら効率が良いですからね。一応理に適った提案と言えます。


f:id:roje_abs:20200531184049j:image

 

動揺するあこちゃんに対し、紗夜さんはご覧の通り冷静です。別にティアラを取り返してしまっても構わんのだろう?


f:id:roje_abs:20200531184127j:image

 

奥で戦闘する一行。連携がちゃんとできてるみたいで、順風満帆のご様子。

今更ですけどこのパーティ、前衛が紗夜さんしかいないっていうバランス超悪い編成に見えるんですけどその辺は大丈夫なんでしょうか。リサのバーサクヒーラーの可能性を信じろ。


f:id:roje_abs:20200531184144j:image

 

その戦闘の最中、友希那さんは低確率でドロップするレアアイテムを手に入れたようです。前作に続き、ビギナーズラックが遺憾無く発揮されています。モンハン初心者が火竜の逆鱗めっちゃ取るみたいな、そういうノリ。


f:id:roje_abs:20200531184206j:image

 

なんだかんだでいい感じにレベリングが進んでるらしいので、奥に行って盗賊達にカチコミをかけます。

紗夜さんのいい具合のタンクっぷりやら友希那さんのデバフが上手いこと機能したらしく、戦闘は順調に進み、ティアラを取り返したようです。この辺の描写、かなり適当に端折られていたので消化不良っぷりが半端じゃないんですがイベントキャラのエピソードで触れられるんでしょうか。これを書いてる時点ではまだ報酬の友希那さんと紗夜さんのエピソードは読んでません。


f:id:roje_abs:20200531184328j:image

 

というわけで、結婚式が行われる教会にやってきた一行。誰かが姫に変装してドラゴンをおびき寄せ、そこを迎撃するという内容ですが、姫の身代わりになるのは一番ゲームをやり込んでる燐子になりました。

冷静に考えたら、後衛職である燐子に敵のヘイトが集まる役をやらせるのは危険なので唯一の前衛である紗夜さんの方が姫役に適してると思うんですが、ここはとりあえず『NFO界におけるドラゴンは攻撃が全部魔法扱いだから魔防に優れる燐子が適任である』という理由付けを勝手にしておきます。

 

仮にドラゴンの攻撃が全部魔法攻撃扱いだった場合、

 

 WVW69kZQI84skWjdaG

 

紗夜さんがどっかのソフィア最強の騎士(笑)みたいな感じで低い魔防につけ込まれて死ぬという展開になりかねませんからね!

氷川紗夜=クレーべ説

 


f:id:roje_abs:20200531184429j:image

 

というわけで、ティアラを使用した燐子はクレア姫に変装しました。かわいいですね。仮にこれがクレア姫と瓜二つと仮定した場合、クレア姫も同じくらいの胸部装甲の持ち主ということになりますが、そんな姫が嫁いだら国民の男子の性癖の行方が不安になります。


f:id:roje_abs:20200531184500j:image

 

冗談はさておき、姫を狙ってエンシェントドラゴンとやらがやってきました。

王様曰く人間の足では一ヶ月以上掛かる山奥に住んでるドラゴンということらしいですが、今回は燐子が変装した瞬間やってきました。なので、ドラゴンはジェット機を余裕で置いてけぼりにできるくらいの爆走っぷりでやってきたことになります。殺せんせーかよ。


f:id:roje_abs:20200531184526j:image

 

ここで事件発生。ドラゴンのステータスが燐子の予想を上回っていたらしく、初心者用のイベントのボスという範疇を超えた強敵になっているらしいです。クソゲーじゃねぇかこのゲーム。

一応、ドラゴンに話しかけるまでは戦闘にならないという親切な仕様らしいのでレベリングする時間はあるのですが、紗夜さんの進言によりここはドラゴンと一戦交えることになりました。

 

というか、話しかけない限りドラゴンが動かないんだったらその隙に結婚式挙げて国の軍隊でドラゴン取り囲んでボコボコにしちゃえばいいのでは……

 

 

 

 

f:id:roje_abs:20200531183645j:plain

 

そうですね、すいませんでした。

 

 

 

 

 


f:id:roje_abs:20200531184602j:image

 

あこちゃん曰く勝つのは絶対無理だということですが、それでも紗夜さんが戦闘を提案してきたのには理由がありました。

なんと、これまでの戦いの中で紗夜さんはジョブチェンジの条件を満たしたらしく、ロイヤルナイトにクラスチェンジしたのです。これならマシな勝負ができるということで、いざ戦闘です。


f:id:roje_abs:20200531185817j:image

 

敵の膨大なHPを前にジリ貧に追い込まれる一行。ここは長い詠唱時間を必要とする燐子の大魔法に賭けます。しかし、敵の攻撃も激しすぎるので時間を稼ぐのも一苦労です。


f:id:roje_abs:20200531185833j:image

 

ここで紗夜さんに電流走る。

さっきのレベリングの最中で友希那さんが入手したレアアイテムを使えば、しばらくの間無敵になれる歌が使えるとのこと。早速友希那さんは無敵の歌を使い、全員を無敵状態にします。


f:id:roje_abs:20200531185901j:image

 

無敵状態による時間稼ぎが功を奏し、ドラゴンを倒すことに成功。勝てたのは誰のおかげでもなくみんなのおかげだと、紗夜さんもいいことを言います。


f:id:roje_abs:20200531190005j:image

 

そんな感じで今回のお話も終わりが近づいてきました。サブタイが完全に打ち切りのそれなんですが、大丈夫でしょうか。俺達の満足はこれからだ!


f:id:roje_abs:20200531190041j:image

 

ドラゴンを倒してめでたしめでたしかと思ったのも束の間、なんとドラゴンが動き出しました。これは第二形態フラグ……


f:id:roje_abs:20200531190153j:image

 

と思いきや、どうやらこのドラゴンはクレア姫の危険を察知して助けるためにここまでやってきたというのです。

曰く、クレア姫が嫁ぐ国は戦争を起こすための理由付けとしてクレア姫を娶ろうとしていたらしく、ドラゴンはそれを止めようとしていたらしいです。先に言え。


f:id:roje_abs:20200531190226j:image

 

ここで新たなミッション発生。隣国の王を討て!!


f:id:roje_abs:20200531190239j:image

 

日を改めて下調べしてから攻略しようと言う燐子でしたが、友希那さんはこのまま進もうと提言。話の結末が気になるようです。


f:id:roje_abs:20200531190302j:image

 

しかも、先ほど戦ったエンシェントドラゴンが仲間になりました。ドラゴンの背に乗り、隣国の王をぶちのめしにいざ出発です。

RPGにおいて空を飛んで移動する手段を手に入れたときの昂りっぷりは凄まじいものがありますけど、NFOってMMOじゃありませんでしたっけ……。


f:id:roje_abs:20200531192430j:image

 

その過程はバッサリ端折られ、ゲームからログアウトしネットカフェからの帰り道。あこちゃんの様子を見るに、隣国の王様を断罪することには成功したらしいです。


f:id:roje_abs:20200531190447j:image

 

友希那さんもこれにはご満悦。曰く、BGMがとても良かったとのことです。

私もゲーム音楽ってとても好きで、ゲームのサントラをたくさん持っています。空の軌跡とかPSO2なんかは、ゲームはやってないくせにサントラは持ってます。そう言う観点では友希那さんとは気が合いそうです。


f:id:roje_abs:20200531190522j:image

 

その後、また五人で一緒にゲームやろうねと適当にイチャコラしてシナリオは終了。お疲れ様でした。

 

 

シナリオの感想としては、バンドリのシナリオは好き放題やるタイプのシナリオの方が面白くなってるなというのを改めて感じたなということ。

キャラクターの成長(笑)を描いたりアニメ2期3期なども含めてシリアス路線の話がどれもこれも味気なくなってる一方、今回の話やガルパピコを見てると変に中身のある話にしようとしない方が結果として充実した話になってます。なんていうか皮肉な感じがしますけど。

 

ただ、今回のシナリオにも不満が普通にあって、最大の不満は何度も触れたように肝心な部分がシナリオ中で端折られてしまってるということ。最後の隣国に攻め込むところは意図して端折ったと言われても納得できますが、盗賊やドラゴンとの戦いがかなり短略化されてしまってるのはどうしても気になります。もしかしたらガチャや報酬のキャラのエピソードで触れられてる可能性がありますが、そういうのは本編でちゃんとやってほしいです。

中身的な部分の不満点を挙げるなら、紗夜さんがロイヤルナイトになったことによる利点がほとんど描写されてないことと燐子の大魔法が発動ボイスの迫力の無さのせいで必殺技感が無くてショボく見えるということの二点。前者は前述した端折られによる弊害、後者は声優の技量不足が原因なので単体だとシナリオそのものの原因というには怪しい部分ですが。

 

全体的に見れば、毒にも薬にもならないものが連発されてきた最近のイベントシナリオの中ではなかなか良質な部類だったんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

話題を変えて、楽曲の話。今回のイベントシナリオのテーマとして、Blessing Chordが追加されました。シナリオに関して結構好評な感想ばかりを書いた私ですが、この楽曲に関しては正直あんまりなものだと言わざるを得ないです。

 

曲自体は非常にカッコよく、やっぱりエレガにこの手の曲作らせたら右に出るものはないなって感じなんですが、問題になるのはボーカル及びコーラス。特にサビのラストの伸びがすっごく気持ち悪く聞こえてしまい、一瞬違う人が歌ってるんじゃないかと思ってしまったくらいでした。

コーラスに関しても、燐子はキャラで歌う気まるで無いわ紗夜さんとリサは単純に歌唱力無いわで聴くに耐えません。今までの楽曲ではそう感じたことあんまり無かったんですけどね……。

楽曲のクオリティとしては、個人的にはMorfonicaの楽曲達のそれを下回ってると言っても過言じゃないです。

 

最近のバンドリの曲の大半に言えることですけど、そもそもバンド音楽のくせしてコーラスが出しゃばりすぎてる曲が多すぎるんですよね。そういうコンセプトのパスパレはともかく、アニメ3期のオープニングだったイニシャルや前回のイベントのテーマ曲だったRED RED REDなどを聴くと、なんというかラブライブとかアイマスみたいなアイドル系の方向で楽曲を作ってるとしか思えません。

まぁ、音楽に正解なんてものは無いのでこれはこれでありなんでしょうけど、私としてはバンド音楽という下地があるにも関わらずにコーラスが無駄に出しゃばってくるのは嫌いです。Roseliaの楽曲で言うならSanctuaryとかLegendaryくらいが限界です。

 

私はこの曲のEXを初見でフルコンできなかったのですが、曲が好きになれないせいで再びプレイする気になれません。ぎゅっdaysとかBreak your desireとか金色へのプレリュードなども似たような理由で放置してます。

 

シナリオをそれなりに褒めちぎったのに対して楽曲はこき下ろしてしまったので締まりの悪い記事になっちゃいましたが、そこはまぁ評価点と不評点は表裏一体ということでどうか一つ。

 

繰り返しになりますけど、最近のものにしてはシナリオはとても面白かったです。