ろじぇのにっき

グラブル奮闘記 シュヴァリエ・マグナ激闘編2

この記事を書いてる今現在、どうやら風邪を引いてしまったようです。

自宅のベッドで寝ながらできることといえばせいぜいスマホやPCを弄って遊ぶことくらいです。睡眠取れってツッコミは禁句です。

 

それはさておきまして。

 

roje-abs.hateblo.jp

 

前回、シュヴァリエ・マグナ先生と激闘を繰り広げるため編成を考えた私ですが、あれから数回の戦いを重ねました。

 

f:id:roje_abs:20191021152405j:plain

 

使用してるパーティーはこれ。シャオでデバフを与えつつオリヴィエが各種遅滞技でμ's3年生のディスペルを間に合わせ、ホリセで光の剣を凌ぐという構成。

これならいけると思ったんですが、ぶっちゃけまだまだ不安定です。

 

中盤にオリヴィエが刺殺されるのはまぁ許容範囲だとしても、シャオの暗闇が安定しないのが痛い。

そもそも暗闇が通用しないことがある上に、通用したとしてもシュヴァリエはバシバシ攻撃を命中させてきます。3年生チームの4アビやカーバンクルがあるとはいえ、あの高威力の通常攻撃を凌ぐのはかなり厳しい。

 

やっぱり闇の強キャラをガチャで引き当てるしかないのか……と思いながら行き当たりばったりな戦術を色々試していたところ、一つ発見がありました。

 

f:id:roje_abs:20191028160319p:plain

 

主人公のEXアビリティのブラインド。暗闇付与という点ではシャオの2アビと同様……というか、表記だけなら他のデバフ付与がないので下位互換なんですが、試してみると主人公のブラインドによって暗闇を付与した場合、シャオで暗闇を付与したときよりシュヴァリエの攻撃Miss率が明らかに高い。

 

調べてみたところ、どうやら同じ暗闇であっても用いたアビリティによってその強度に違いがあるらしいのです。知らなかった……。

Miss誘発率は主人公でブラインドを使った方が高く、これがあるならぶっちゃけシャオを選出する理由はありません。敵の防御は容易に下げられる上に、毒なんてあってないようなものですしね。

 

というわけで、前回あれだけ持ち上げまくったシャオはかわいそうですがリストラします。主人公にブラインドを持たせたことによりミゼラブルミストが使えなくなるので、デバフ周りが充実してるキャラが理想。

 

そんな感じで、再編したシュヴァリエ・マグナ討伐部隊がこちら。

 

f:id:roje_abs:20191028160606p:plain

 

主人公のEXアビリティをブラインドに、シャオと入れ替わりで水着ダヌアを入れました。2アビと3アビで攻撃しつつ攻防デバフを与えられる上に、1アビのバリアで耐久面を向上させられるのも美味しい。サポアビによって全員の弱体成功率が上がるので、シャオ不在により弱体耐性ダウンが付与できなくなった面も補えます。

 

f:id:roje_abs:20191028160724p:plain

 

斯くして、シュヴァリエ・マグナの討伐がかなりの安定具合に。事故要素といえば暗闇が機能せずにオリヴィエが刺殺されるという再編前と同じ要素なんですが、その確率もめっきり減りました。仮にオリヴィエが死ぬとしても戦闘後半以降ですが、そのときはサブ先頭から入ってくれるキャルが活躍します。オリヴィエの仕事は主にディスペルを間に合わせるための遅滞行動なので、イージスマージを使わなくなる後半での重要度は下がります。

 

他にも、まだまだ武器や召喚石の強化具合がまだ半端で火力を伸ばす余地が残ってたりするので、その辺りを埋めていけばどんどん安定していく気がします。こういう流れで地道に強くしていく感じは結構好きです。